インフルエンザ・予防接種について | 三鷹駅 徒歩5分 内科 みたかヘルスケアクリニック

生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック〒181-0013 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ 5F-B
 
8月14日~8月20日まで夏季休暇をいただいておます
当クリニックは自費のがん治療:ANKをしているクリニックですが、
保険診療をしている内科クリニックです
発熱、風邪、止まらない咳、腹痛・下痢、高血圧症、糖尿病、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、健診後のフォロー、漢方処方などなど対応しております 高熱・脱水症などに対し点滴治療も積極的に行っているクリニックです
また、超音波診断(甲状腺・頚動脈・リンパ節などの表在・心臓・腹部・足の関節:痛風)得意なクリニックです
 例えば、血液検査でコレステロールが高値の方 本当に内服薬が必要か知りたくはありませんか? 当クリニックでは頚動脈エコーでプラークの有無動脈壁の厚みの判定、CAVI検査にて血管の硬さ:血管年齢を当日判断でき、内服薬の要・不要のお話が出来ます また、心電図にて所見があった方、いきなりカテーテル検査は・・・の場合心臓超音波も有力な検査となります 


生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニックお問合せ・ご予約は ☎ 0422-40-0102

インフルエンザ・予防接種 みたかヘルスケアクリニック

インフルエンザ予防接種

 今年度(29年度)は水銀なしワクチンが流通しそうです もうしばらく情報をお待ち下さい 
 

チメロサール(有機水銀)を含まないインフルエンザワクチンを積極的に使用しています。

今年はインフルエンザは夏にも散見されております 現在はA型が主流ですが、手洗い うがい 睡眠 栄養のバランスを基本とした生活を続けて下さい 予防接種シ-ズンになったらインフルエンザにかかる前に重症化予防注射を受けましょう! 
みたかヘルスケアクリニックの考えとして、インフルエンザ予防接種は「名前が予防」ですが、感染予防にはなかなかなり得ないとお話ししております。理由は難しくなりますが、皮下注射して誘導されるのはIgM抗体からIgG抗体です。インフルエンザは鼻腔など粘膜から感染が起こります。ここの粘膜の抗体はIgA抗体です。IgA抗体を誘導しなければあまり意味がありません。感染予防には生活習慣の改善、人と会わない(医学的には合っていますが、現実的ではありません)が重要とお話しして注射をしております。注射の意味はズバリ、重症化予防です。注射の型がはずれればそれまでです。既に鼻腔からの吸入のワクチンも取り扱っているクリニックも存在しますが、当クリニックではまだ扱いません。理由は重い副作用が出ても国の補償対象にはならないためです。もう少し動向をみながら導入検討といたします。
みたかヘルスケアクリニックでは、インフルエンザの重症化注射にチメロサール(有機水銀)を含まないワクチンを優先的に使用しています。一般の予防注射(不活化ワクチン)には細菌汚染を防ぐためチメロサールと呼ばれる防腐剤(有機水銀)が含まれています。近年、有機水銀の体内蓄積と副作用が心配されてることからチメロサール(有機水銀)を含まないインフルエンザワクチンが開発されました。このインフルエンザワクチンはアレルギー反応のリスクが少ないとされ、注射時の痛みや注射後の腫れが軽減されるためアレルギー体質の患者さんや小さなお子さんにはチメロサール無添加のインフルエンザワクチンを出来る限り摂取したいと考えています。そのため、出来る限りチメロサール無添加のインフルエンザワクチンを用意しておりますが、このワクチンはとても生産量が少ないため、どうしても先着順となってしまいます。インフルエンザの予防接種をお考えの方は、お早めにご相談、ご予約ください。


治療には・・・イナビル吸入をメインとし、漢方:麻黄湯の処方もしております
症状が強い方の治療にピアクタ点滴も用意しております 点滴が必要な方はお声かけください

インフルエンザ予防接種 みたかヘルスケアクリニック

 インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザ予防接種についてインフルエンザと風邪の違いとその症状
インフルエンザ( influenza )とは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症ことで、通常の風邪とは、別の病気です。風邪は主に呼吸器系の炎症性の症状で、原因となるウイルスの種類が異なります。
通常の“風邪”( 普通感冒 )はのどや鼻に症状が現れ、症状が進行すると37~38程度の熱がでますが、インフルエンザの場合は、インフルエンザウィルスに感染後、潜伏期間の数日を経てから急に38~40度以上の高熱がでるのが特徴です。また、通常の"風邪"に比べて倦怠感、筋肉痛、関節痛などの全身症状も強く現れ、これらの激しい症状は通常5日間ほど続きます。
日本では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行し通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生して、12月下旬 〜 翌年の1 〜 3月頃にピークを迎えて大体、4 〜 5月に流行が収まるのがインフルエンザの流行するパターンです。

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザ 風邪
初発症状
発熱、悪寒、頭痛
鼻咽頭の乾燥感およびくしゃみ
全般的な症状 発熱、筋痛、関節痛

鼻汁、鼻閉

悪寒 強く悪寒を感じる
軽い、一時的

発熱 38~40℃以上(3~4日間 ) ないか、もしくは36~38℃以下の微熱
全身痛 筋肉痛、関節痛の症状が強い ほとんど無い
倦怠感 強く感じる  それほど感じない、軽い
鼻水、鼻閉り  掛かり始めより後に、症状がでる 掛かり始めから、症状がでる
咽頭  充血及び、扁桃腫脹 やや充血
充血する 場合により充血する
合併症など 気管支炎、インフルエンザ肺炎、細菌性脳炎、脳症など危険性大 殆ど無い
病原 インフルエンザウイルス A
インフルエンザウイルス B
ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
パラインフルエンザウイルス
インフルエンザウイルスC

インフルエンザ予防接種の基礎知識

 インフルエンザ予防接種の基礎知識

インフルエンザ予防接種インフルエンザには型がある
毎年、流行するインフルエンザですが、その原因となるウィルスは、その年によってウィルスの種類による違いがあります。平成27年度は、A型株が2株、B型株が2株含まれた4価のインフルエンザHAワクチンを打ち、インフルエンザの流行前に体の抗体を作って予防します。
そのため予めインフルエンザ予防接種を受けていれば、新型ウイルスが出現しない限り、このうちどの型が流行しても予防の効果があります。ただし、ウイルスにも突然変異があるので、まれに効果が低下する可能性があることも予めご理解ください。
近年はインフルエンザの流行に関して研究も進み、予測技術も高まっているので実際の流行とはほぼ一致して予防できる確率が非常に高まっています。

インフルエンザ予防接種インフルエンザ予防接種の効果がでるのは約2週間後
よく誤解されるのですが、インフルエンザの予防接種を受けたからと言ってスグに効果が現れるわけではありません。インフルエンザワクチンは、接種してから効果がでるのに約2週間ほどかかります。 ただし、接種してから少しでも抗体値が上昇していれば、抗体が出来る前にインフルエンザに感染しても、症状がその分重くはなりません。また、過去にかかった同じウイルスの型に感染した事があれば、早い場合は接種後、1週間ほどで抗体値が上昇します。
しかし、いずれの場合も、抗体が出来る前にインフルエンザに感染する可能性はありますので、予防接種は早めに受けることが大切です。

インフルエンザ予防接種は妊婦さんでも大丈夫インフルエンザ予防接種は妊婦さんでも受けられます
インフルエンザ予防接種に用いられるインフルエンザワクチンは病原性をなくした不活化ワクチンで、 胎児に影響を与えるとは考えられていません。 また、出産直後でも、母乳を介してお子さんに影響することはありません。
ちなみによく誤解されるのですが、母親がワクチン接種を受けることで、乳児にインフルエンザ感染の予防効果はありません。 仮に授乳期間中にインフルエンザウイルスに感染した場合も、 インフルエンザウイルスは主に気道系の上皮細胞で増殖するので、母乳やその素となる血液中にウイルスが存在することは極めて稀です。また、存在した場合でも非常に微量であると言われています。したがって、授乳中にインフルエンザウイルスが含まれ、母乳を介して乳児に感染を起こすことはほとんど無いと考えられますので心配する必要はありません。
乳幼児の場合は、1歳未満の乳児ではワクチンの効果は確認されておらず、生後6ヶ月未満の場合は、ふつうインフルエンザの予防接種はしません。 その理由は、ワクチンの効果や副反応がはっきりしていないこと、また、乳幼児特有の母親からの免疫が期待できると考えられるからです。お子さんの場合は、1歳以上~6歳未満の幼児の場合、ワクチンを接種すると約20~30%の発病を阻止する効果があるという研究結果があり、 インフルエンザにかかった時に重症になったり合併症を起こす危険性が高い場合は、 接種を考えた方がいいかもしれません。
妊婦さんや赤ちゃん、小さいお子さんの場合、インフルエンザ予防接種を希望される方は、念のため予防接種前に必ず主治医にご相談ください。

インフルエンザ予防接種の基礎知識

 インフルエンザ予防接種を希望される方へ

インフルエンザ予防接種を希望される方へインフルエンザ予防接種の期間
インフルエンザ予防接種の実施期間は以下の通りです

平成28年10月1日から開始しています。

平成29年 2月末頃まで(決定ではありません)
 
インフルエンザ予防接種を希望される方は、当日に体温測定を行ってお越しいただけるとスムーズに接種を受けられます。できるだけ、ご協力お願いいたします。
( ※ 予防接種期間中は、混雑する場合がありますので、予めお電話でご予約いただけますと助かります。 )

ご不明な点は、お気軽にお電話でご相談ください。

 

インターネット予約

当院では、患者様の待ち時間をできるだけ少なくするため、インターネットや電話から診療の予約ができます。
*予約なしでご来院頂けます。
PCからはコチラ
携帯からはコチラ   

お電話での予約は
☎ 0422-40-0102

ANK免疫細胞療法による
「がん免疫治療」について。


映像提供 : リンバ球バンク「再発・転移するがんと闘う」より

当院は都内でも数少ない癌の特効治療「ANK免疫細胞治療」を実施する医療機関です。「ANK免疫細胞治療」は再発・転移する進行がんに有効な唯一の治療法であり、多くの患者さんが「ANK免疫細胞治療」によってがんを克服しています。
このサイトでは免疫細胞療法の原理や、各種免疫細胞療法の違いなどについて実際の手続きや治療の流れなどの情報を掲載したページを開設いたしましたので、ご興味のある方は、ぜひ、ご覧になって下さい。
ANK免疫細胞療法の詳細はコチラ


ANK免疫細胞療法の関連書籍

みたかヘルスケアが推奨するがんの最先端治療法「ANK免疫細胞療法」に関連する書籍のご紹介です。
こちらの書籍を読んでいただけますと、よりANK治療への理解が深まります。ぜひ、ご一読下さい。






*書店及びAmazonなどでお求め頂けます。