健康で幸せな
生活のために。

高濃度ビタミンC点滴について

高濃度ビタミンC点滴 美容点滴のご案内

高濃度ビタミンC点滴療法とは?

高濃度ビタミンC点滴療法は、がん治療の代替治療としてアメリカなどで研究されている、最先端のがん治療法です。この点滴療法に美白・美肌などの効果があることから、美容でも使用されるようになりました。
点滴により高濃度のビタミンCが短時間に全身に行き渡ることで、細胞の活性化による若返り効果を促進。身体の中から若く、美しくなる最先端のアンチエイジング治療です。

経口摂取と点滴による違いとは

ビタミンCは水溶性なので、多く摂っても余剰分は尿として排出されます。ビタミンCの血漿濃度は、およそ 400mg/日で飽和すると報告されています。そのため、ビタミンCを大量に経口摂取しても、血中濃度はある一定以上から上がりません。
ところが、直接静脈内にビタミンCを点滴で大量投与すると、経口摂取の数十倍の量が血管内に行き渡ります。こうしてビタミンC血中濃度を高めることにより、ビタミンCを必要とする各器官に直接行き渡らせ、経口摂取とは異なるレベルの作用、各種疾患の予防や、より高い美容・アンチエイジング効果が期待できます。妊婦や、喫煙者、ストレスに晒されている人は、ビタミンCが失われやすいのでより積極的にビタミンCを摂取する必要があります。
例えば、タバコ1本でだいたい25mgのビタミンCが破壊されると言われています。そのため、喫煙者は通常よりも多くビタミンCを摂取する必要があります。



当クリニックの高濃度ビタミンC点滴療法は

マイラン社製ビタミンC製剤を取り扱っています。マイラン社製ビタミンC点滴は高品質のビタミンC点滴です。 冷蔵コンテナーで2~8度に温度管理され輸入された後、国内で保冷保管されています。

日本国内にMylan社製ビタミンC製剤と同一性能の承認薬はないので、医師の責任のもと未承認薬として 個人輸入で提供しております。




高濃度ビタミンC点滴の特徴

タバコ、大気汚染、紫外線、仕事のストレスなどに囲まれる現代人は、その健康が目に見えないところで脅かされています。ビタミンCには、美容だけでなく健康を維持する力があり、高濃度ビタミンC点滴で次の効果が期待できます。

コラーゲンの生成促進

健康な皮膚や血管、筋肉、骨などを作るのにコラーゲンは欠かせません。ビタミンCは繊維芽細胞の働きを高め、コラーゲンの生成を促進する作用があります。コラーゲン生成を促進することで、肌のハリや弾力を保つことができます(しわ・たるみの防止)。

メラニン生成の抑制

肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌を守るためにメラニンが生成されます。これがシミのもとになります。ビタミンCはシミの原因となるメラニン生成を抑制・還元(美白作用)させる働きがあるので、シミの予防、改善をします。

抗酸化作用

ビタミンCは、老化や、心臓病・がんなどの生活習慣病を誘発する活性酸素を抗酸化作用で無毒化します。また、活性酸素から肌を守り、皮脂の分泌を抑制してニキビの予防・改善もします。

疲労回復・抗ストレス効果

ビタミンCは、活性酸素に対する抗酸化作用により疲労の回復を早めます。また、ストレスによりビタミンCが消費されると、活性酸素が体内に貯まりやすくなり、血流が悪くなります。ビタミンCを摂取することでストレスが緩和され、身体への悪影響を抑えることが期待されます。

免疫力向上

ビタミンCはリンパ球の働きを活性化し、抗ウィルス作用のあるインターフェロンを増やします。そして免疫力を向上させ、風邪やウイルスなどによる感染症を予防して健康をつくります。

がん予防作用

ビタミンCは抗酸化作用により、がんの原因となる活性酸素を無毒化します。また、胃がんなどの原因となるニトロソアミンの生成を抑制し、抗がん作用のあるインターフェロンの生産を促すのでがん予防効果があります。

生活習慣病改善効果

ビタミンCは、動脈硬化を促進する過酸化脂質の生成を抑制し、血中コレステロール値を低下させる作用があります。糖尿病の方は、ビタミンCを補給することで血糖値の改善も期待できます。

抗アレルギー作用

ビタミンCの抗ヒスタミン作用により、アレルギー疾患が緩和します。



高濃度ビタミンC点滴は次のような方にオススメ!

レモン1200個分のビタミンCを細胞に届ける!(25g投与の場合)

  • ◆肌荒れやシミができやすい
  • ◆お肌のはり、つやの改善をしたい
  • ◆ニキビができやすい、治りにくい
  • ◆疲労やストレスが多い
  • ◆二日酔い・冷え性・肩こり
  • ◆免疫力を上げたい
  • ◆がん予防・再発予防をしたい
  • ◆心疾患、冠疾患を予防したい
  • ◆老化・生活習慣病予防をしたい
  • ◆アトピー・アレルギー体質

タバコを吸われる方は、ニコチンによりビタミンCが破壊されるので、特におすすめです。



高濃度ビタミンC点滴の副作用

重要な副作用はないと報告されています。比較的起こりうる副作用として以下のようなものがあります。

  • ①点滴痛(血管痛)
  • ②口渇(のどの渇き)
  • ③低血糖(めまい、冷や汗、疲労感等)の可能性

等ありますが適宜対応させて頂きます。



高濃度ビタミンC点滴療法が適さない方

重要な副作用はないと報告させています。比較的起こりうる副作用として以下のようなものがあります。

  • ◆G6PD欠損症の方
     ※事前にG6PD欠損症の検査(1度すれば大丈夫です)が必要です。欠損症の方は治療を受けれません。
  • ◆腎不全があり、透析中あるいは透析が必要となる可能性の高い方
  • ◆心不全や不整脈の方、浮腫、腹水のある方
  • ◆ビタミンCに過敏症の方  等


高濃度ビタミンC点滴 がん治療のご案内

新しいがん治療の選択肢 高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞2度受賞)によって発見された、驚くべき癌の代替治療法です。
その治療法は、『高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、ガン細胞だけを殺す、副作用のない理想的な抗がん剤である』との驚くべき内容で、米国国立衛生研究所や米国国立ガン研究所によって発表されました。



高濃度ビタミンCがガンを殺す

1 高濃度ビタミンCはガンに効く!

糖を栄養とするガン細胞は、構造が類似したビタミンCを積極的に取り込みます。その際、毒性のある過酸化水素が大量に発生します。ガン細胞は過酸化水素を除去する酵素が乏しいため、結果として死滅します(正常細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っているので影響がない)。

2 血中濃度が高いほどガンが死滅しやすい


図1 血中濃度とガン細胞生存率の関係

ビタミンCの血中濃度が高いほど、
ガン細胞の生存率が低くなる
(ガン細胞が死んでしまう)。


図2 高濃度ビタミンCの各細胞への影響

高濃度ビタミンCは正常細胞には
影響を与えないが、ガン細胞は死んでいる。





高濃度ビタミンC点滴療法の特徴

1 QOLの向上

先に述べたように、高濃度ビタミンCはガンを殺します。その際、抗がん剤と異なり、嘔気や嘔吐、脱毛といった副作用がありません。そして、抗がん剤や放射線治療との併用で効果が高まるだけでなく、抗がん剤の副作用を軽減します。 結果として、QOL(生活の質)が改善します。
痛み・倦怠感の軽減、食欲増進、心身の体力回復 ⇒ QOL(生活の質)改善

2 免疫力が上がる

高濃度ビタミンC点滴を受けている人は、風邪やインフルエンザにほとんどかかりません。高濃度ビタミンCは体力を回復させた上に、免疫力を向上させます。

3 排毒・鎮痛・消炎効果がある

高濃度ビタミンCは活性酸素を除去し、炎症を抑えて体の回復を早めます。また排毒作用が強く、役目を果たした抗がん剤の排泄を促します。さらには、仕組みは明らかになっていませんが、鎮痛効果が確認されています。



次のような場合に高濃度ビタミンC点滴治療をお勧めします
  • ◆次のガンなどでお悩みの方
    米国では、次のガンへの治療効果が報告されています。 乳ガン、前立腺ガン、直腸ガン、肺ガン、悪性リンパ腫、大腸ガン、すい臓ガン、肝臓ガン、卵巣ガン、膀胱ガン、腎臓ガン、子宮ガン、多発性骨髄腫 など
  • ◆有効な治療法がない
  • ◆現在抗がん剤や放射線治療をしている
  • ◆抗がん剤や放射線治療の副作用を和らげたい
  • ◆再発が心配な方、転移予防、がん予防


高濃度ビタミンC点滴 費用・Q&A

高濃度ビタミンC点滴はどれくらい費用がかかるの?
美容目的 25g 10,000円 50g 18,000円
がん(免疫療法)の方 25g 8,000円 50g 15,000円

高濃度ビタミンC点滴が可能かの検査←初診時一回のみの検査:G6PD検査(院内採血で直ぐに結果出ます)4,000円
血中ビタミンC濃度(外注:必要時) 3,000円

※点滴などのお値段は全て税別です。



Q&A

A:アンチエイジング・美容目的のビタミンCは、週に1回から月に1回など、患者さんにより異なります。また、投与量も抗がん目的と比較して少量となります。治療の間隔は、受診時院長または担当医とご相談ください。

A:高濃度ビタミンCの量次第で点滴時間は変わります。アンチエイジング・美容目的では、たいてい約30分から1時間です。

A:個人差があります。すぐに感じる人もいますが、継続的治療が効果的ですので、院長または担当医とご相談ください。

A:ビタミンCは、ヒトの体内で作れません。また、ビタミンCをサプリ等で経口摂取するのと、点滴により血管内に取り込むのでは、血中濃度で10~100倍以上と、大きな差があります。ビタミンC血中濃度を飛躍的に上昇させると短時間で全身に行き渡り、高い抗酸化作用が得られ、アンチエイジング、美白などの美容効果、疾患予防、身体機能の改善に効果があります。点滴の回数を重ね、血中濃度を保っていくことが美容と健康の維持に繋がります。

A:G6PDは、赤血球にある酵素です。この酵素が遺伝的に欠損していると、高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こすことがあります。日本人には稀ですが、この酵素の検査を事前に行い、安全に点滴を受けられるか確認します。別途検査費用が必要ですので、詳しくは院長または担当医よりご説明いたします。

A:現在、高濃度ビタミンC点滴療法は保険診療の対象外となるため、治療費は全て自己負担となります。

A:G6PD欠損症以外に、大きな副作用はありません。

A:高濃度ビタミンC点滴療法は、抗ガン剤と異なり副作用がありません。他のがん治療との併用が可能で、相乗効果が期待できます。また、抗がん剤の副作用を軽減させるだけでなく、併用することでガンが縮まりやすくなると言われています。

A:手術、抗癌剤、放射線などの治療と併用すると、治療効果が上がります。弱った身体を修復して治癒力や免疫力を高め、手足のしびれ、下痢や吐気・嘔吐などの副作用を軽減する作用があります。

A:米国カンザス州にある国際人間機能改善センター(The Center for the Improvement of Human Functioning International)では、延命などの効果があるのは60~70%だと報告されています。

A:ビタミンCは少量の投与量から開始し、段階的に治療レベルまで増量します。抗がん作用を発揮する高濃度ビタミンCの投与量は、およそ50〜100gとされています。その効力を発揮するビタミンC血中濃度にするためには、通常週2回の点滴が必要です。治療の期間は、症例によって変わります。

A:高濃度ビタミンCの量次第で点滴時間は変わります。たいてい1時間半から2時間程度です。

A:個人差はありますが、抗がん剤や放射線治療の副作用で体調が悪い方は、2・3回点滴を受けるだけでもかなり状態が変わります。継続治療が効果的ですので、院長または担当医とご相談ください。

A:適用できますが、ガンの種類や病状にもよるので院長または担当医とご相談下さい。

A:ガン細胞を殺傷するには、ビタミンCの血中濃度を一般の通常値の250~600倍にする必要があります。サプリメントなどでの経口摂取では、その濃度に達しません。しかし、毎日ビタミンCを摂取することは大事なことです。

A:他の病気で制限されていなければ何を食べても大丈夫ですが、医師の食事指導には従ってください。また、運動も基本的に制限はありません。

診察時間のご案内 

休診日:土曜日午後 日曜日 祝祭日

受付時間
午前9:00~12:00
(福島)

(福島)

(福島)

(福島)

(福島)

(福島)
午後14:00~18:30
(福島)

(福島)

(福島)

(福島)

(杏林大学DR)

  
・当院は予約制です。お電話又はインターネットよりご予約をお願い致します。
(※直接来院された場合、ご予約の方を優先させて頂くため、お待たせする時間が長くなる可能性がございます。)
 
・初診受付は18:00までとさせて頂きます。
 
・土曜日の診察の予約・変更・キャンセルはお電話にてお願い致します。
 
・予防接種、健康診断の予約・変更・キャンセルは、受付時間内にお電話でお願い致します。なお、健康診断のご予約は、平日にて承ります。