がん免疫治療 ( ANK免疫療法 ) | みたかヘルスケアクリニック

がん免疫治療(ANK免疫療法) みたかヘルスケアクリニック
みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療
がん免疫治療(ANK免疫療法) みたかヘルスケアクリニック
がん免疫治療 (ANK免疫療法) リンパ球バンクがん免疫治療(ANK免疫療法) みたかヘルスケアクリニック〒181-0013 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ 5F-B
がん免疫治療(ANK免疫療法) みたかヘルスケアクリニックお問合せ・ご予約は ☎ 0422-40-0102

みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療

↑ 再生リストを押すと他の動画が見れます。

みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療

がん免疫治療

 現状のがん治療が抱える問題

                                 がんの患者様・御家族へ
                             ☝
                         こちらもご覧ください

がんを発見しにくいがんを発見しにくい理由
日本人の死亡原因の3分の1を占めているのは「がん」です。医療技術が進歩しているといわれていますが日本人のがん死亡率は一向に下がる気配がありません。なぜ、がん治療には大きな進歩が見られないのでしょうか?
がん細胞は何らかの理由で病変した体の細胞ですが、もともとは患者本人の細胞です。異常に変化して体からの命令に従わなくなり、勝手に増殖して周囲の組織を壊しすことで病気を引き起こす細胞を「がん細胞」と定義しますが、元は同じ体の細胞です。そのため「正常細胞」と「がん細胞」を細胞レベルで区別することがとても難しいのです。このような理由から異常細胞が大きな塊 ( 腫瘍 ) になってからでないと「がん」と診断しにくいのです。
現在の最先端の画像診断技術を駆使しても1センチより小さい腫瘍を見つけることは困難です。仮に見つけたとしても1センチ腫瘍といっても、それを細胞レベルで見た場合は、既に「がん細胞」の数で考えると約10億個もの膨大なレベルになります。細胞レベルで「正常細胞」と「がん細胞」の判定しなければ「がん」を早期に発見できないのですが、現代の医学を持ってしても、それは技術的に出来ません。「がん」の判定には、腫瘍マーカーによるがん細胞の測定もありますが、腫瘍マーカーの数値がそのまま体内のがん細胞の数に比例するとは限らないので、ある一定の目安程度にしかなりません。また腫瘍マーカーを利用できない患者さんも数多くいます。
 
抗がん剤と放射線治療の弱点
放射線治療 もし、細菌であれば私たちの細胞には存在しない細菌特有の物質をいくつも持っているため、細菌だけを標的に狙い打つことが可能です。実際に抗生物質や抗菌剤は細菌だけを死滅させ、人の細胞には致命的なまでの打撃は与えません。そのため薬物での治療が、現代の医療で高い効果を発揮しています。しかし、現在のがん治療に使われている殆どの抗がん剤の場合、がん細胞だけを標的に死滅させることができず、「増殖中の細胞」を標的にしているため、がん細胞より先に活発に活動している正常細胞も無差別に殺してしまいます。がん細胞も死滅しますが、それより多くの正常細胞が死滅してしまうため、抗がん剤を継続して投与し続けることは患者に大きな負担を与えるだけで、がんの抜本的な治療にはなりません。
また、放射線治療もがん細胞を標的としているのではなく「増殖中の全て細胞」を標的としています。そのため正常細胞にも大きな打撃を与える上に、治療時に細胞分裂をしていなかったがん細胞は生き残ってしまいます。そのためどうしても撃ち漏らしが生じ、生き残ったがん細胞が増殖に転じるという問題があります。これらは現代のがん治療の主流である抗がん剤や放射線が抱える重大な弱点です。

健康な人は免疫機能が、がん細胞を排除している
がん細胞そのものはすべての人の体内に日常的に存在すると考えられています。それでもすべての人が病気としての「がん」になるわけではありません。これは体内の免疫細胞が、全身をパトロールしてがん細胞を見つけ次第、直ちに排除しているためと考えられています。
免疫ががんの増殖を抑えているのに対し、実はがん細胞も目の上のコブである免疫を眠らせようとしています。がん細胞は免疫システムに偽の信号を送り免疫システムが休眠するように仕向けているのです。免疫の力が衰えると、がんは免疫を強く抑制しながら増殖の一途をたどります。その結果がんと診断されるのです。
つまり、免疫機能の低下が「がん」の原因であり、免疫機能の強化が「がん治療」の大きな鍵なのです。

NK細胞なら、がん細胞を狙って攻撃できる。
手術や放射線治療では取り除けない場所の癌全身に飛び散るがん細胞を追いかけ、正常細胞には傷を付けずにがん細胞だけを狙い攻撃する方法は無いものか?
人類が開発した技術の中にこのような理想的な特徴を備えるものは見当たりません。ところが自然界に1つだけ存在することがわかっています。それが「生まれながらの殺し屋」の異名をとる「ナチュラルキラー ( NK ) 細胞」です。
「ANK免疫細胞療法」はがん患者の体内にある免疫細胞を一度体外に取り出して培養して、点滴で患者本人の体内に戻します。体外で強い刺激を加えながら培養することで免疫細胞の活性を高める、あるいは増殖させる(細胞数を増やす。)ことで、患者自身のNK細胞を使って、がん細胞だけをを攻撃する画期的な治療法です。また、患者自身のNK細胞を利用するため、抗がん剤や放射線治療のような肉体的負担が少ない理想的ながん治療が行えます。

がん免疫治療

 さまざまな癌の治療に有効です。

NK( ナチュラルキラー )細胞ANK免疫療法とは
ANK(エーエヌケー)とは、
Amplified Natural Killerの略で「活性化したナチュラルキラー細胞」の意味です。ANK免疫療法とは、もともと人間の体に備わっている体内の免疫機能 ( NK細胞 )を一度、採血によって体外に取り出し、培養施設に持ち込んで意図的に増殖・培養・活性化させて、その活性増殖したNK細胞を点滴によって再び体内に戻し、強力なNK細胞の免疫反応によって、体の中にある異常細胞 ( がん・悪性リンパ腫 など ) を退治する画期的な癌の治療法です


癌の種類や場所に関係なく効果が期待できます。
手術や放射線治療では取り除けない場所の癌ANK免疫細胞療法は、既存の薬物 ( 抗がん剤 ) 治療などの薬とは違い、対象となる癌の種類は関係ありません。NK ( Natural Killer = 生まれながらの殺し屋 ) 細胞は、生きた細胞です。異常 (がん・悪性リンパ腫 など ) 細胞だけを見つけ出して、確実に殺します。既存のがん治療は、副作用と治療効果の関連性を考慮しながら「〇〇がん」なら、抗がん剤は「XXX」のように薬や治療法を使い分けて治療しています。しかし、ANK免疫治療は、体の免疫機能を利用するがん治療ですので、がんの種類や発生場所に関係なく、手術や放射線治療では取り除けない場所のがんでも、点滴をするだけで、生きたNK細胞が全身のあらゆるがん細胞を探しだして退治してくれます。その効果は絶大で、転移・再発した微細ながんをはじめ、放射線治療や薬物治療によって変異してしまった特殊ながん細胞でも生きたNK細胞が見つけ出して殺してくれます。
 
【 ANK免疫療法で効果が期待できる癌 】 クリックしてください  ☞  ANK免疫細胞療法 治療実績 

・乳がん・前立腺がん・肺がん・胃がん・大腸がん・食道がん・腎がん・膵がん・肝がん・皮膚がん・子宮がん・卵巣がん・胆嚢がん・泌尿器がん・白血病・肉腫・悪性リンパ腫 など
 
ANK免疫細胞の科学的な背景などはこちら→   

がん治療

 ANK免疫細胞療法の特徴

ANK免疫療法は、点滴だけのがん治療です。点滴だけのがん治療です。
ANK免疫療法は、既存のがん治療とは全く考え方が違います。今まで、がん治療といえば大きな大学病院やがんセンターなどで手術や放射線、重粒子線などの大がかりな処置と、長期入院による抗がん剤治療が、がん治療では当たり前でした。ですが、ANK免疫療法は全く違います。最初にリンパ球を採取してしまえば、後は週に2回の点滴だけの治療になります。そのため、当クリニックのような小さな医療施設でも、点滴スペースさえ確保できれば、がん治療が可能です。また、ANK免疫療法では、点滴が終了するまで多少の時間がかかり、点滴後は風邪を引いたように高熱が出ますが、基本は通院だけで済む治療です。ほとんどの患者さんが、点滴後に少し休息を取るだけで、その日の内に普通に歩いてクリニックから帰宅します。もし、当クリニックまでの通院が体力的にキツイという場合は、患者さんの通院が可能な再生医療等提供計画が厚生局に受理された医療機関で点滴だけを受ける方法も可能です。できるだけ患者さんの負担にならないよう、治療計画を立てますので、お気軽にご相談下さい。

免疫反応により点滴後に高熱がでます。
免疫反応により点滴後に高熱がでます。ANK免疫療法は、免疫反応を利用したがん治療です。点滴によって戻された大量のNK細胞が、体の中で活発に活動し始めると、免疫反応によって風邪を引いたと時のように40℃近くの高熱が出でて、悪寒や震えが生じます。これは、体の自然な抗体反応ですので特に心配は、ありません。ただし、がんの進行が進んだ患者さんの場合は体力が十分で無い方もいらっしゃいます。熱によって体力が消耗しますので、ANK免疫療法を受けるには、それに耐えられるだけの体力が必要です。


※ ANK免疫療法の実際につきましては、コチラの動画を御覧下さい。

映像提供 : リンバ球バンク(株)
「再発・転移するがんと闘う~最強の免疫細胞を使うANK療法~」より

がん治療

 高額な治療費が掛かります。

ANK免疫療法は、自由診療で保険が適用されません。ANK免疫療法は、自由診療で保険が適用されません。
いいことずくめANK免疫療法ですが、残念な事に、唯一の欠点として、高額な治療費がかかってしまいます。ANK治療は、自由診療で保険の適用ができません。そのため治療費は全て患者さんの自己負担になってしまいます。またANK治療そのものも高額で、1クール12回分の標準点滴治療で、約400万円の費用が掛かります。
※ 通常、ステージⅠ〜Ⅱぐらいの患者さんの場合、1クール12回の点滴で、ほぼ癌は消滅しますが、既存の放射線治療などで長期間治療した方や、がんの進行が著しく、抗がん剤使用期間も長い患者さんの場合は、1クール12回の点滴では、足りない方もいらっしゃいます。その場合、2クール目に入ると費用は倍の約800万円が掛かります。

治療費に頂く費用のほとんどはNK細胞の培養費です。治療費に頂く費用のほとんどはNK細胞の培養費です
ANK免疫療法は、1クール12回分の標準点滴治療で約400万円と、高額な治療費が掛かります。これは、保険が効かない事もありますが、実際のNK細胞培養コストが高いのが原因です。活性NK細胞の培養は、技術的に非常に難しく、世界でも、このANK細胞培養が出来る技術を持つのは、日本の リンパ球バンク株式会社 だけです。ANK細胞の培養には、培養に必要な大量の高額な薬が必要です。このため、原材料のコストが掛かります。また、ANK免疫療法は、一人一人、違うリンパ球を採取し培養するため、大量生産や培養プロセスの自動化ができません。専門の技術者が、患者さん一人一人に合わせる手間のかかる培養作業を人手により時間を掛けて行なっているため、コストダウンが容易ではありません。この状況は、近い将来も変わることがないかと思います。

※ ANK免疫療法を取り巻く問題点につきましては、コチラの動画を御覧下さい。

ここ最近、癌は糖分が好きだから断糖療法といい糖を断つ治療はいかがでしょうか?と質問をよく受けます これは、当クリニックでは間違いと説明しております
なぜでしょうか?  NK細胞は糖を燃料として働きます よって過度の糖質制限、糖尿病もないのに血糖降下剤の内服はナンセンスですと説明しております
野菜ジュースはどうでしょうか?良質なタンパクを接種せず野菜ジュースばかりもナンセンスです なぜでしょうか?  NKをはじめとする免疫細胞にはタンパク質が必要だからです  癌が栄養を吸ってしまうから栄養を断つこれはどうでしょうか? 生命活動をしていくためには、栄養のバランスが重要になります 過度の栄養制限は癌で命をおとす「癌死」ではなく「餓死」を招きます  癌で亡くなっている方はこの餓死が意外と多いのが実情です 


※ ANK免疫治療について、ご不明な点がありましたら
  お気軽にクリニックまでお尋ね下さい。