花粉症・アレルギー性鼻炎について | 三鷹駅 徒歩5分 内科 みたかヘルスケアクリニック

生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック〒181-0013 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ 5F-B

看護師さん・医療事務員さん募集(急募)
担当 福島  0422-40-0102 までお電話ください
直接クリニックに履歴書送っていただいても結構です 


当クリニックは自費のがん治療:ANKをしているクリニックですが、
保険診療をしている内科クリニックです
発熱、風邪、止まらない咳、腹痛・下痢、高血圧症、糖尿病、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、健診後のフォロー、漢方処方などなど対応しております
超音波診断(甲状腺・頚動脈・リンパ節などの表在・心臓・腹部・足の関節:痛風)得意なクリニックです

生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニックお問合せ・ご予約は ☎ 0422-40-0102

花粉症・アレルギー性鼻炎

 花粉症・アレルギー性鼻炎の症状

花粉症・アレルギー性鼻炎の症状花粉症・アレルギー鼻炎の原因
春先になると発症する目の痒み、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状が出る「花粉症」、また花粉の季節でもないのに同じような、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状がでる「アレルギー性鼻炎」これらは、私達の体に備わっている免疫機能が原因となって起きるアレルギー反応の一種です。私たちの身体には、身体にとって異物となるもの( 抗原またはアレルゲン物質 )が体内に入ってきたとき、それに対抗する物質( 抗体 )を作って、抗原を排除しようとするシステムが備わっています。これを抗原抗体反応とか免疫反応と言います。普段は身体にとっては有益な抗原抗体反応ですが、ときに必要以上に作用したり、あるいは不適切に作用することがあります。これが花粉症やアレルギー性鼻炎の原因です。


花粉症・アレルギー鼻炎は治るの?
花粉症やアレルギー性鼻炎などの免疫やアレルギーに関する特徴は、身体の中で抗原抗体反応が発生しまうと、体がそれを記憶したかのようにその症状が継続します。つまり、一度でもアレルギー反応が出てしまうと根本手にその体質は治りません。しかし、アレルギー反応によって起きる花粉症やアレルギー性鼻炎の症状は、薬物治療によって、それを抑えたりコントロールすることができるため、医療機関で治療を行えば日常生活において苦痛を感じるのは最小限に抑えることができます。



花粉症・アレルギー性鼻炎への対処

 花粉症・アレルギー性鼻炎への対処

アレルギーの元を出来るだけ避ける
花粉症・アレルギー性鼻炎は、いずれも体の免疫反応が過敏になることで起きる症状です。私たちの日常生活環境の中には、空気中にこれらのアレルギーの原因となる物質が常に浮遊しており、100%接触を避けるのが難しいのが現実です。根本的な解決は、なかなか難しいかもしれませんが、空気清浄機の使用やこまめな掃除などの生活環境の改善などで出来る限りアレルギー反応の原因となる抗原との接触を避ける事で、体への吸収量を減らし、その症状を感じない程度にまで抑える事は可能です。以下は、主なアレルギー反応を引き起こす抗原物質です。

【 アレルギー反応の原因となる主な抗原物質 】


■ 花粉
 (イネ科)  
オオアワガエリ、カモガヤ、ホソムギ、ハルガヤ、ススメノテッポウ、オオムギ、トウモロコシなど
 (雑草)  
ブタクサ、ヨモギ、クワモドキ、カナムグラなど
 (樹木)  
スギ、ヒノキ、カエデ、ブナ、ヤナギ、カシなど
■ 室内のゴミ(ハウスダスト)
ダニ、犬・猫・取りなどのペットの毛や羽、羊毛、綿花など
■ カビ類
ペニシリウム、クラドスポリウム、カンジダ、アルテルナリアなど
■ その他
そば粉、小麦粉、おがくず、きのこの胞子など

薬による対症療法で症状を抑える
まず、花粉症・アレルギー性鼻炎はアレルギー検査により、何が抗原になっているのかの判定を行います。主な検査は以下の通り。


■ 特異性IgE抗体検査
採血して抗体の種類を調べる。
■ 好酸球(こうさんきゅう)検査
鼻水を採りアレルギー性鼻炎の人に多く見られる「好酸球」という細胞の有無を調べる。
■ パッチテスト
さまざまな抗原のエキスを鼻の粘膜に付け、どの抗原で症状が出るかを調べる。

また、鼻の粘膜の状態を診察し、アレルギー性鼻炎かどうかの診断をします。健康な人の鼻の粘膜は薄ピンク色ですが、急性鼻炎の人は赤く、アレルギー性鼻炎の人は蒼白で、粘膜がかなりふくらんでいたり、鼻水が粘膜のまわりを覆っていたりします。アレルギーの検査を合わせて原因となっている抗原を特定し、患者さんの症状や日常生活の状況を把握した上で、花粉症・アレルギー性鼻炎の症状を抑えるための最適な薬を処方します。

【 花粉症・アレルギー性鼻炎の治療に使う主な薬 】


■ 経口抗ヒスタミン薬
鎮静作用がなく眠気が少ないものと、眠気は強いものの抗ヒスタミン作用の強いものがあり、患者さんの希望で使い分けます。
■ 経口抗ロイコトリエン薬
鼻閉に対しては抗ヒスタミン薬よりも有効で、点鼻ステロイドよりは効果が低いといわれています。持続的鼻閉感を訴えるアレルギー性鼻炎の患者さんに使用します。
■ 点鼻抗ヒスタミン薬
眼症状がない軽症の患者や経口薬を増やしたくない時に、点鼻薬として使用します。
■ 点鼻ステロイド薬
初期は定期的に処方し、症状が落ち着いたら頓用に切り替える。抗ヒスタミン薬と併用することで使用量を減らす目的に使用します。
■ 点鼻抗肥満細胞薬
リパーゼ阻害薬とも呼ばれる。作用時間が短いため就寝前、起床時、外出30分前を含め、1日数回投与します。インタールスプレーとして抗ヒスタミン薬と違い小児にも使用できます。
■ 漢方薬( 小青竜湯など )

当クリニックでは、患者さんのご希望に応じて副作用の心配が少ない「漢方薬」での処方も可能です。効き目に個人差がありますが、症状により非常に治療効果の期待が持てる薬もあります。保険も適用されますので、ご希望の方はお気軽にお申し付け下さい。

※ 花粉症・アレルギー性鼻炎の予防と治療について、ご不明な点がありましたらお気軽にクリニックまでお尋ね下さい。

 2017.06.28.

6月7月8月の休診日のお知らせ

下記時間帯は休診とさせていただきます。ご不便をお掛けしますが宜しくお願い致します。

 


  
6月の休診日
 
12日(月) 午後休診 
  杏林大学病院 
  糖尿病・内分泌代謝科にて外来

6月2日(金)9日(金)は保坂先生は不在です院長福島が担当します
2日は午後2時より午後5時頃まで産業医活動にて休診となります
9日は午後2時より午後4時頃まで産業医活動にて休診となります
 
6月30日(金)午後6時から保坂先生不在です院長福島が担当します


7月の休診日
 
10日(月) 午後休診 
  杏林大学病院 
  糖尿病・内分泌代謝科にて外来

21日(月)海の日

8月の休診日

11日(金) 山の日
13日(日)~20(日) 当院 夏季休暇

 

インターネット予約

当院では、患者様の待ち時間をできるだけ少なくするため、インターネットや電話から診療の予約ができます。
*予約なしでご来院頂けます。
PCからはコチラ
携帯からはコチラ   

お電話での予約は
☎ 0422-40-0102

ANK免疫細胞療法による
「がん免疫治療」について。


映像提供 : リンバ球バンク「再発・転移するがんと闘う」より

当院は都内でも数少ない癌の特効治療「ANK免疫細胞治療」を実施する医療機関です。「ANK免疫細胞治療」は再発・転移する進行がんに有効な唯一の治療法であり、多くの患者さんが「ANK免疫細胞治療」によってがんを克服しています。
このサイトでは免疫細胞療法の原理や、各種免疫細胞療法の違いなどについて実際の手続きや治療の流れなどの情報を掲載したページを開設いたしましたので、ご興味のある方は、ぜひ、ご覧になって下さい。
ANK免疫細胞療法の詳細はコチラ