血管アンチエイジング外来について | 三鷹駅 徒歩5分 内科 みたかヘルスケアクリニック

生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
みたかヘルスケアクリニック | 三鷹駅 徒歩 5分の内科 生活習慣病・がん治療
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック
生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニック〒181-0013 東京都三鷹市下連雀 3-38-4 三鷹産業プラザ 5F-B

看護師さん・医療事務員さん募集(急募)
担当 福島  0422-40-0102 までお電話ください
直接クリニックに履歴書送っていただいても結構です 


当クリニックは自費のがん治療:ANKをしているクリニックですが、
保険診療をしている内科クリニックです
発熱、風邪、止まらない咳、腹痛・下痢、高血圧症、糖尿病、高脂血症、痛風(高尿酸血症)、健診後のフォロー、漢方処方などなど対応しております
超音波診断(甲状腺・頚動脈・リンパ節などの表在・心臓・腹部・足の関節:痛風)得意なクリニックです

生活習慣病 がん治療 みたかヘルスケアクリニックお問合せ・ご予約は ☎ 0422-40-0102

血管アンチエイジング外来

血管アンチエイジング外来とは

 血管アンチエイジング外来とは

血管アンチエイジング外来とは医学的見地からのアンチエイジング対策
血管アンチエイジング( 抗加齢 )は、老いを少しでも遅らせるための医学的見地からの提案です。最近は様々な検査測定機器の発達のお陰で、血管年齢というものが測定出来るようになりました。この血管年齢という数値は、見た目の老化との関連性が高く、血管年齢が若い人は、見た目も若く見えるとも言われています。加齢にともない血管内に異物が蓄積して血管の柔軟性が失われて行くと高血圧症や動脈硬化となり、心筋梗塞、脳梗塞などの危険な生活習慣病を発症いるリスクが高まると言われています。
血管が老化する原因はコレステロールなどが原因物質として考えられています。悪玉コレステロールは動脈硬化の最大の原因物質であり、悪玉コレステロールによる血管の老化は血管の内壁に「プラーク」と呼ばれるコレステロールや石灰などの混合物が付着することが原因です。また、コラーゲン分子が血管内で結合し合い血管壁に付着し血管をしなやかに保つ「弾性繊維」を破壊していくことも動脈硬化の原因となります。加齢によって血管が老化していくケースでは、このコラーゲン分子の結合による血管内細胞の破壊が有力な原因として考えられています。
血管アンチエイジング外来とは当クリニックでは専用の機器による検査で短時間のうちに動脈の詰まりや、血管の固さ・血管年齢を調べることができます。ご自身で血管の状態を把握し、血管アンチエイジングとして動脈に沈着した老化物質を除去して、柔らかくしなやかな血管に導くことで老化を防止すると共に生活習慣病を予防する目安になるデーターが得られます。まずは、自分の体の状態を正確に知ることが老化防止と動脈硬化などの生活習慣病の予防・治療の第一歩です。健康のためだけでなく美容のためにも、ぜひ一度、血管アンチエイジング外来の効果をお試し下さい。

検 査 名 称 金 額
  血管年齢 ( CAVI ) 検査 ¥ 2,000


※ CAVI(キャビィ)検査とは : あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。血管年齢の測定と同時に動脈硬化症の検査・診断ができます。

 アンチエイジングのポイント

アンチエイジングのポイント老化の正体は高血糖によるAGE
「老化」に関する最新の研究で、全身の老化にかかわっている、いわば「老化物質」といえる物質の存在があることすがわかってきました。その正体はAGE( Advanced Glycation End-products = 終末糖化産物 ) 血液中の糖がタンパク質と結びついて体内で出来る物質です。体のあらゆる組織に蓄積され、皮膚に蓄積すると皮膚の弾力性の低下やシワや、たるみの原因になり、骨に付着すると骨がもろくなって、折れやすくなってしまい、血管に蓄積すると血管の弾力を低下させ破れやすくするなど、さまざまな弊害と老化現象を引き起こします。このAGEを増やさないことが老化を防ぐ「アンチエイジング」の最も重要なポイントであり、これは生活習慣病の予防や治療とも非常に似ています。


高血糖が老化を加速させる
AGEを増やす原因は、ズバリ「高血糖」です。血糖は体のエネルギー源ですが、カロリーの多い食事や糖質の取り過ぎなどで、体の中で消化しきれない余った糖質が血液中にあふれている状態を「高血糖」と言い、この糖質が糖化 ( = 老化 ) を促進します。つまり糖尿病は「老化を加速する病気」ともいえるのです。
気をつけたいのは、糖尿病ではなくても、食後に高血糖になるだけで糖化のリスクが増すことです。とくに糖化されやすいのが体内のコラーゲンです。コラーゲンは体の組織の弾力性を保つ働きをしており、皮膚や管、血管、目などに多く含まれます。そのため、これらの組織は、糖化による老化が進行しやすいのです。



アンチエイジングのポイント医師の指導によるアンチエイジング
血管アンチエイジング外来では、食事療法と運動療法を基本にした生活改善の指導を行うと共に、AGEに由来した症状や病気の発生を予防し、万が一、何かしらの病気が発生した場合は、薬物療法を行いなど、医師による医学的なアンチエイジングを行います。AGEは生活習慣病と密接に関連していねため、日常生活の食事や運動でのカロリー消費に注意し、これらをキチンとコントロールすることで老化と病気を防止します。


※ 血液アンチエイジング外来について、ご不明な点がありましたらお気軽にクリニックまでお尋ね下さい。

 

インターネット予約

当院では、患者様の待ち時間をできるだけ少なくするため、インターネットや電話から診療の予約ができます。
*予約なしでご来院頂けます。
PCからはコチラ
携帯からはコチラ   

お電話での予約は
☎ 0422-40-0102

ANK免疫細胞療法による
「がん免疫治療」について。


映像提供 : リンバ球バンク「再発・転移するがんと闘う」より

当院は都内でも数少ない癌の特効治療「ANK免疫細胞治療」を実施する医療機関です。「ANK免疫細胞治療」は再発・転移する進行がんに有効な唯一の治療法であり、多くの患者さんが「ANK免疫細胞治療」によってがんを克服しています。
このサイトでは免疫細胞療法の原理や、各種免疫細胞療法の違いなどについて実際の手続きや治療の流れなどの情報を掲載したページを開設いたしましたので、ご興味のある方は、ぜひ、ご覧になって下さい。
ANK免疫細胞療法の詳細はコチラ